あいての心をひらいて、その心に近づくには…

こんにちは。TERAの長谷川です。

本日の担当は、NAHO先生です。

***

4月末からの大型連休を“ゴールデンウィーク”と言います。一昔前までは「休む」ことを良しとしない文化がありました。私がC/Aになりたての頃もそうでした。しかし現代では休むことも大切だと思えるようになってきています。 さて、今回は【あいさつ】についてお話しましょう

「挨」という漢字は“あいての心をひらく” 「拶」という漢字は“その心に近づく”という意味です。

【あいさつ】はコミュニケーション、すなわち仲良くなる「入り口」です。人間関係をよくする“行動・言動・身振り手振り・ことば”のことです。

それでは、感じの良い【あいさつ】のポイントをみていきましょう。

①相手のことを大切に思う  ②相手を見る  ③やさしい表情で ④はっきりと聞こえる声で

⑤おじぎはあいさつのことばを言ってから   ⑥おじぎのあとも相手を見る

そして、【あいさつ】は自分の好きな人だけにするものではなく苦手な人にもしましょう。また、自分の気分が良い時だけするものでもありません。 ~いつも、いつでも、誰にでも~ 

まずは自分から明るい笑顔で心を込めてやってみましょう! 気持ちよく1日を過ごせると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。